ビニール袋とはそもそもどんな袋

ビニール袋というのはポリ塩化ビニールで作られている袋のことです

それに対してポリエチレンを素材としている袋のことはポリ袋と呼びます。

この2つは使用している時に見分けがつきにくいのでどちらも同じ呼びかたをするケースもあります。

かつてはビニール袋の方がポリ袋よりもよく使われていました。

強度が高くコストが低いことから使い勝手の面も優秀となっています。

例えば数百円の買い物に紙袋などを付けてしまうと小売店の負担は大きくなります。

この袋が開発されたことは小売店のコストダウンに繋がっています。

ビニール袋が大幅に数を減らした1つの理由として、燃やすとダイオキシンが発生するとの説が流れたことが挙げられます。

しかし、これは基本的に間違いであり、現在ではほとんど関係がないとされています。

ところがスーパーなどでは袋を削減し、商品価格を下げることに取り組んでいるケースがあります。

マイバッグなどを用意する方も増えています。

カテゴリ一覧